仮性包茎にコンプレックスを持っているなら切らない包茎手術を受けてみよう

仮性包茎にコンプレックスを持っている男性ってかなりたくさんいるといわれています。

 

実際に日本人男性の7割は仮性包茎といわれていますので、そんなに心配することはありませんが、友人がちゃんと剥けていたり、彼女が包茎を嫌がったりからかわれたりすると手術を受けてみようかなあ・・・と考える人もたくさんいるようです。特に大学生や社会人になって間もない人の多くが一度は考えているようです。

 

そんな包茎手術ですが以前は余っている包皮を切って縫い合わせる手術が主流でした。泌尿器科などで行われる手術は傷跡が目立つといわれていますが、男性専門の美容整形外科などは目立たないような手術方法も開発していて、包茎の手術をしたことをほとんど気づかれないといわれています。

 

でもメスで切りますので、それが怖いと考える人もたくさんいますし、完全に治るには約1か月かかりますのでためらう人も多いと思います。そんな人におススメなのは切らない包茎手術です。こうしたタイプの包茎手術はいろいろな方法がありますが、もっとも一般的なのは余っている包皮を縛って縫合するタイプの手術です。

 

こうしたタイプの手術は麻酔は行いますが約10分ほどで終了しますのでそんなに苦痛ではありませんし、値段は5万円くらいで受けることができます。もっとも一般的な切る手術ですと7~9万円が一般的ですので、費用も安いですし、比較的手軽に受けることができますのでおススメです。