包茎治療についての基礎的な知識

男性にとって包茎は切実な問題です。

親や兄弟、友人などにも簡単に相談することができず悩んでいる人も少なくないでしょう。包茎治療となれば、すぐに手術が思う浮かびますが慌てて治療をする前に知っておいた方がいい知識があります。

 

まず、包茎ですが仮性包茎、真性包茎、カントン包茎の大きく3つに分けられます。

このうちで勃起時になっても亀頭部が露出しない真性包茎とカントン包茎では無理に性交をしたりすると性器本体にダメージが出ることもあり、不潔になりやすいため感染症の可能性もあるので、絶対に治療すべき包茎と言えます。

 

それに対して勃起時に亀頭部が露出する仮性包茎では治療の是非はそれぞれの事情によります。そのような意味からも真性包茎やカントン包茎では健康保険が適用になりますし、仮性包茎では自由診療となります。

 

包茎手術もたくさんの種類があり、真性包茎やカントン包茎での保険適用される手術では傷跡などで審美的に劣ることが多いので、美容外科的な自由診療を選択することも少なくありません。

 

仮性包茎の治療では手術をする方法の他に最近ではメスを入れるのに抵抗がある人などに手術をしない包茎治療も専門の医療機関などでは盛んになっています。それは手術をしないでペニスを伸ばす方法をとることによって勃起時に亀頭部が露出しやすいようにする方法です。

体内に隠れているペニスの部分を引き出してやることでペニスの長さを数センチ伸ばすことができます。